月別アーカイブ: 2014年6月

グッチの定番 春先ストールを手にしたい!

この春のことです。
娘へのプレゼントに、春先のストールが欲しいと言う要望に応え、散々探し回りました。

ブティックからデパート、百貨店、小物屋さん等ありとあらゆるところを覗きましたが、お気に召す物がありませんでした。

一日回って、疲れに疲れ、最後に入ったのがグッチの専門店です。

1万円くらいの予算で考えていましたが、生地の具合や柄模様、大きさ等、どれをとってもイマイチで、プレゼントする私自身気にいる物が見つからなかった末のことです。

高いだろうな~と思いつつ、「ここなら絶対あるわ」と恐れを抱きつつ見せて頂いたところ、案の定ありました。
定番のベージュのストールです。

クロスされたGGの地模様といい、生地の滑らかさといい、大きさといい申し分ありません。
上品で清楚で、地模様も主張し過ぎることなく、OLにピッタリです。

夏の冷房時には肩掛けととしても使用でき、真冬の寒い時期以外はずっと使えるというものです。
お値段は流石にプレゼントとしてのみ買える高価なものでした。

3万円!です。
痛い!本当に痛い。

でも、娘は喜ぶでしょう。
要らなければ母が使おう、と思いながらカードで支払いました。

要らない訳がないですよね。
その辺の平凡なストールを買って来るだろうと思っていた娘です。

目が飛び出さんばかりの興奮でした。私も欲しい。

自分へのご褒美には余りにも高すぎるお買い物です。でも、いつか絶対に手に入れたいグッチのストール。

私の年齢から行くと、一生物のストールになるに違いありません。夫の目、娘の目を気にしながら秘かにタイミングを図っている私です。

しかし、そんな高価なものを買う余裕もないし・・・。この際カードローンで現金でも借りちゃおうかな!って感じです。

でもそんな事しても後々ばれちゃうんだろうし、、、娘にはいいんですが、夫にだけは見つかりたくないですからね。

どーしようかな、悩みますね(*_*)

特別価格という言葉につられ

今から3ヶ月ほど前のことです。よく行くショッピングセンターに、新しくコスメショップができたときき、でかけてみました。

いわゆるプチプラコスメです。そこには、約600円くらいの口紅がいろいろと売られており、何色もテスターで試した上で、けっこう濃い目の赤い口紅を買ってしまいました。

家に帰ってから試してみると、なんとわたしには派手すぎるんです。テスターでは、実際に唇の上で試すことができないのでわからなかったんですが、なんだか唇だけが、目立ってしまい、ちょっとわたしには使いこなす自信がなくなってしまいました。

それに、安いものだったためか、グラスなどに、かなり色移りしてしまうことにも気づきました。

はっきりいって、安物買いの銭失い、要するに、無駄遣いとなってしまったんだとそのとき思ったのでした。
たとえ600円とはいえ、わたしにとっては、バカにならない金額です。夫は、そういう色が似合うような服を合わせればいいのではといってくれたんですが、わたしには、こんな口紅を使いこなす自信がありません。
わざわざ時間をかけて車ででかけていって買ってきたんですが、後悔の気持ちでいっぱいです。今は、その口紅は、ドレッサーの鏡の前に転がっています。

こういう時って本当に勿体ないことしたな・・・って思いますよね。

しかも、今まで思い返してみたら何回もこんな事ってあったような気がします。以前も、必要もないのに「今日だけ特別価格」みたいな言葉に踊らされて、無駄に買物した事があります。

単価が高い物であれば、じっくりと考えて買物するのに、安かったら得だ!と思い何個も買ってしまう。結果、一つ高いイイ物を買っておいた方が良かった、なんて事ありますよね。

そしてこういった時って、決まってお金に余裕がない時なんです。余裕がないから、安いうちに買っておこうって思っちゃうんですよね。

そして更に金欠状態になり、お金を借りる羽目になるんです(*_*)