月別アーカイブ: 2016年10月

旦那のお給料が少ないから困ります

私は専業主婦で5歳と1歳の子どもが二人いるのですが、今の地域では保育園の待機児童が多いために保育園に預けて働くという選択ができません。
夫のお給料で生活をすることになるのですが、夫のお給料は男性の平均年収程度だと思うのですが、それでも年収500万円で家族が生活するのは大変です。

月々の手取りは財形貯蓄を3万円しているので、それをのぞくと23万円程度になり、そこからローン、教育費など生活費を全てまかなうのは至難の業のように思えるのです。子どもは公立の2年保育にして幼稚園代を安くしましたし、被服費などはなるべくかけないようにお下がりをもらったり、リサイクルショップを利用したりしています。

食費に関しても牛肉はあまり食べないようにしていますし、外食も旦那の実家や私の実家のおごりで行くことはありますが、自分達で食べに行くということはあまりありません。

お金に困るというのはまだ子どもが小さいので困っているながらに何とかなっていますが、これに習い事などが入ってきたらかなり厳しいだろうなと予想しています。
塾代など教育費が数万円入ってくると、家計ではまかないきれなくなるのは目に見えています。

この家計のままで何とかやっていけるのは下の子が幼稚園に入るまでぐらいかなとも思っていますし、幼稚園に入ったら幼稚園の時間だけ働ける短時間パートを探すか内職を増やすかなどして、家計を支えていくしかないなと思っています。

旦那のお給料が少ないという問題があれば、何をどうしてもお金に困るというのは避けられず、お給料があと5万円ぐらいあればもう少しゆとりのある生活ができるのになと思います。

幼稚園のママを見ていると優雅な生活をしている人もいるように思えますし、自分の切り詰めた生活との差を見るたびに悲しいような、現実を見せられているような感覚になり切ないです。

子どもはまだそういったところの差を感じていませんが、いづれわかるようになったら色々言われるかもと思っています。

今では、専業主婦でも借りることができる銀行キャッシングがあるようで、ネットで調べてみたことがあります。
こういうのを利用出来たら、困った月は助かるのかもしれないですね。
興味のある方はコチラのサイト⇒専業主婦キャッシング