特別価格という言葉につられ

今から3ヶ月ほど前のことです。よく行くショッピングセンターに、新しくコスメショップができたときき、でかけてみました。

いわゆるプチプラコスメです。そこには、約600円くらいの口紅がいろいろと売られており、何色もテスターで試した上で、けっこう濃い目の赤い口紅を買ってしまいました。

家に帰ってから試してみると、なんとわたしには派手すぎるんです。テスターでは、実際に唇の上で試すことができないのでわからなかったんですが、なんだか唇だけが、目立ってしまい、ちょっとわたしには使いこなす自信がなくなってしまいました。

それに、安いものだったためか、グラスなどに、かなり色移りしてしまうことにも気づきました。

はっきりいって、安物買いの銭失い、要するに、無駄遣いとなってしまったんだとそのとき思ったのでした。
たとえ600円とはいえ、わたしにとっては、バカにならない金額です。夫は、そういう色が似合うような服を合わせればいいのではといってくれたんですが、わたしには、こんな口紅を使いこなす自信がありません。
わざわざ時間をかけて車ででかけていって買ってきたんですが、後悔の気持ちでいっぱいです。今は、その口紅は、ドレッサーの鏡の前に転がっています。

こういう時って本当に勿体ないことしたな・・・って思いますよね。

しかも、今まで思い返してみたら何回もこんな事ってあったような気がします。以前も、必要もないのに「今日だけ特別価格」みたいな言葉に踊らされて、無駄に買物した事があります。

単価が高い物であれば、じっくりと考えて買物するのに、安かったら得だ!と思い何個も買ってしまう。結果、一つ高いイイ物を買っておいた方が良かった、なんて事ありますよね。

そしてこういった時って、決まってお金に余裕がない時なんです。余裕がないから、安いうちに買っておこうって思っちゃうんですよね。

そして更に金欠状態になり、お金を借りる羽目になるんです(*_*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>